高額買取のコツ | 中古車比較情報サイト 中古車.com

あなたにピッタリの中古車で楽しもう!!
国内外73ブランドからチョイス

中古車.com ホーム > 車買取 > 高額買取のコツ

高額買取のコツ

高額買取について詳しく紹介します。

高価買取のコツ愛車を賢く手放すこんな中古車でも大丈夫?よくある質問

高額買取のポイント

日頃のメンテナンス

車のキズやへこみを修理してから査定してもらっても、かかった費用が査定額に反映されることはありません。日頃のメンテナンスが高額買取につながります。

洗車・掃除

洗車・掃除は最低限のマナー。愛車との最後のお別れに、せめて身だしなみは整えてあげましょう。

外装

第一印象で大事に乗っていた中古車という印象を与えることが大事です。ボディーの洗車は面倒でもワックスをかけて車につやを出しておくと好印象を与えます。

内装

洗車同様、車内の掃除が行き届いている中古車からは、日頃のメンテナンスの良さを想像することができ、高額査定が期待できます。 シート、床、窓の内側や、トランクルーム・ダッシュボードの中などしっかり掃除しましょう。 また室内の臭いは、普段から消臭スプレーなどで対処しておくとよいでしょう。 タバコの焼け焦げやコンソールなどに付いたシール、ステッカーの日焼け痕はマイナス査定に繋がりやすいので、注意しましょう。

キズ・ヘコミ

洗車キズなどの細かいキズはほとんど査定に影響しませんが、 コンパウンド(研磨剤)入りのワックスなどで磨くと消える場合もあるので気になる方は試してみても良いのではないでしょうか。

記録簿や保証書の保管

定期点検整備記録簿

定期点検記録簿はその中古車の過去の整備状況を把握するものです。きちんと記入された記録簿は、管理状態が把握できるため高額査定につながります。 また点検整備した項目以外に、ユーザー名やナンバー、車体番号、点検整備した日時と検査責任者名、検査時の総走行距離数が記載されます。 これで走行距離数とオーナーの移り変わりがチェックできます。多くの国産車では保証書と一緒になっています。

取扱説明書

車内装備で見落としがちな「取扱説明書」。自分は使い方を覚えてからといって捨ててしまっては査定時の高額買取のチャンスをみすみす逃しているようなものです。 車内装備はちゃんと作動し次のオーナーがきちんと使えてこそ価値があります。純正品・社外品を問わず取扱説明書は車に積んでおきましょう。

社外パーツ

プラス査定も期待できる社外パーツ。ほとんどの買取り専門店で無料査定を実施しているので、複数の専門店に依頼して比較検討してみましょう。

社外パーツ

よくメーカー外のオプションはマイナスになるという話を耳にしますが社外アルミホイールやエアロパーツ、マフラーなどはプラス査定の対象になる場合もあります。
ただし、車検に対応しないものなどは評価外になることが多いので、交換した場合の純正品はとっておきましょう。 機能の多い最近のカーナビやテレビなども人気が高く、純正品はもちろん、純正でない場合でもプラスになる場合があります。

社外パーツ専門査定

せっかく取り付けた社外パーツなら、社外パーツ専門業者に査定してみる、という手もあります。 ただし、パーツ専門店に売却する場合や、買い替え後の車で流用する場合には、取り外し(取り付け)が必要になります。 自分でできる場合は問題ありませんが、業者に依頼すると費用がかかる場合もあります。

一括査定スタート

PageTop